ゆるゆるチャレンジ

ゆるゆるチャレンジ

興味のあることをゆるゆる共有します〜

母が突然亡くなって後悔したこと

こんにちは!

コロナでなかなか実家に帰りづらい状況が続いていますね、、

私はコロナ禍で突然母が亡くなり、後悔しまくっています。
まだ若かったし病気も持っていなかったのでまだ受け入れることができません。。

私のような思いをしてほしくないので、親孝行のできる方は手遅れになる前に行動してみてください!



LINEでもっと連絡を取ればよかった

私は基本的に業務連絡しかしない性格で、親にもほとんど連絡せず、しても1行程度のそっけないものでした。
美味しかったものや面白かった本、旅先の写真など、何気ないことでも共有しておけばよかったととても後悔しました。。

電話をもっとしておけばよかった

電話も全然していなかったので、声を聞いたのは亡くなる半年前に電話した時が最後になってしまいました。
LINEでは元気だと言っていても、話したいことがあったかもしれない。
電話の方が伝えられることってかなりあると思うんですよね。。

何気ないことでも、月一くらいは電話をして、最近どう〜?と話をしていればよかった。。
そうすればもっと力になれることもあったかもしれない。。

感謝を伝えればよかった

親に感謝を伝えるって、なんだか気恥ずかしくてできなかったんですよね。。
まだまだ元気だと信じて疑わなかったから。
でも実際に亡くなると伝えなかったことの後悔がものすごく襲ってきます。
生きている間にしかできないので、、

自分の誕生日や親の誕生日に、恥ずかしくても伝えておきたかったなと今になって思っています。

もっと頼ればよかった

自立してなんぼ!という考えが強かったんですが、しんどい時や困った時は助けを求めてもよかったなと今思います。
頼られるって、嬉しいことですしね。私は将来子供ができたら、人に助けを求められるように育てたいなと思います。

最後に

人間、いつ死ぬかわかりません。
平均寿命は80歳を超えていますが、事故や災害、急病などが自分を襲う可能性は0ではありません。
いつか、、ではなく今、時間を使うことで、必ず来る別れの日に、後悔を少し減らすことができると思います。
後悔が0になることはありませんが、、